Home > ハワイアンジュエリーの歴史 > 18金

18金

一言で「金」

と言う言葉を使うが、実はこの「金」には2つの意味がある金合金と純金。この2つがいわゆる「金」と呼ばれている。この世には沢山の「金」で作られたものがありハワイアンジュエリーもそのひとつである。ただしこのジュエリーに使われる金とは「金合金」である。通常は%で表示するとわかり易く簡単なのだが金合金は特別な表し方をする。

100%の純金を24金、

これを24Kと刻印する。これは24を100%ととし、純金が重さでどれだけ含まれているかを数字で表す。18金とは24分の18が純金という意味で正式に言うと地金の品位が18金とも言う。18金とは18/24=0.75(×100=75%)。つまり75%は純金で残りの25%は金ではない金属が入っている。この残りの25%の金属を「割金」と言う。この「割金」はほとんどの場合「銀と銅」が入っておりその割合は通常は半分ずつとなる。なので18金は=純金75%、純銅12.5%、純銀12.5%だ。

コアナニのハワイアンジュエリー14金のイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、グリーンゴールドを主に使用している。これはハワイアンジュエリーならでわの細かい彫りの作業が入るため、強度の高い金が使用される。コアナニには18Kのハワイアンジュエリーもいくつか揃う。コアナニの商品はオンラインストアーでご覧頂ける。

コメント:2

****** 17-01-14 (土) 2:11
このコメントは管理者の承認待ちです
****** 17-02-24 (金) 19:46
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.koanani.com/jewelry/wp-trackback.php?p=481
Listed below are links to weblogs that reference
18金 from ジュエリー ブランド【コア・ナニ】

Home > ハワイアンジュエリーの歴史 > 18金

最近のコメント
ハワイフォトギャラリー
カレンダー
« 2017 年 6月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フィード
スタッフ・ログイン

Return to page top